三國志

『三國志』(さんごくし)は、1985年に光栄(後のコーエー)が発売した歴史シミュレーションゲームである。三國志シリーズの第1作で、パソコンのほか、家庭用ゲーム機等にも移植された。リメイク版や、携帯電話向けの『Mobile三國志』などについても本項で簡単に述べる。

中国の古典物語『三国志演義』の世界を題材にしている。

『信長の野望シリーズ』で導入した領国経営型シミュレーションを軸に、人材運用の概念を導入している。

国を富ませ戦争に勝利するには、多数の優秀な人材を登用し、経営や戦争に適材を配すことが必要となる。

このあたりは、戦国大名による国盗り合戦の雰囲気で制作された『信長の野望シリーズ』に対して、様々な武将が物語の中心になって活躍する原作三国志のイメージを表現するために考え出されたシステムだと思われる。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック