ヨッシーのたまご

『ヨッシーのたまご』は、ゲームフリーク開発で任天堂が1991年にファミリーコンピュータ(以下ファミコン)とゲームボーイ向けに発売したゲームソフトである。落ち物パズルだが、連鎖の要素はない。 スーパーファミコン向けに「スーパーヨッシーのたまご」として移植する予定があったが、中止となった。2007年にWiiのバーチャルコンソールに復刻をした。

縦8列(ゲームボーイ版は縦7列)、横4列のゲームフィールドの上から6種類(クリボー、ゲッソー、パックンフラワー、テレサ、うえたまご、したたまご(たまごに関しては後述))のキャラクターが落下してくる。

プレイヤーはマリオの移動、2つの横の列の入れ替え、キャラクターの高速落下のいずれかの操作を行うことができる。落下してきたキャラクターが一番下にあるトレー、または他のキャラクターに着地すると、そのキャラクターが固定される。同じキャラクターを上下に2つ繋げると、そのキャラクターが消滅し得点となる。

落下してくるキャラクターに混じり、2種類の卵のかけら(「うえたまご」と「したたまご」)が降ってくることがある。これらは、キャラクターを一度に大量に消すことができるほか、高得点を得たり、対戦モードで敵を攻撃する時に必要となる。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック