第2次スーパーロボット大戦

『第2次スーパーロボット大戦』は、バンプレストから発売されたシミュレーションRPG。
SDで表現されたロボットたちが競演するクロスオーバー作品「スーパーロボット大戦シリーズ」の第2作目。第2次と銘打っているが、前作『スーパーロボット大戦』とストーリーのつながりはなく、シリーズ内シリーズである「DC戦争シリーズ」の第1作目にあたる。前作から大幅に改良された内容となっており、システムの原点はこの作品で作られた。ルート分岐は無く全26話構成。

ハードが前作のゲームボーイからファミコンになったことでグラフィックは大幅にパワーアップした。特にゲッターロボの合体デモはファミコンの限界の機能でゲットマシンの動きを再現し、当時はまだユーザーであった現プロデューサーの寺田貴信を驚かせた。

前作ではパイロットが登場せずにロボットが擬人化されたオリジナルの世界設定だったが、本作では原作どおりにパイロットが登場し原作の人間関係やエピソードなどが再現されるようになった。
これによりストーリー性は大幅に増したが、登場作品の大半が放送終了後で視聴が困難なことから内容がマニア向けになった。
さらに、当時はファミコンからスーパーファミコンへの移行期でありメディアでの露出が減っていたことや、年末商戦に間に合わない年末ギリギリの発売であったなど、さまざまな理由から売上が前作の半分以下まで落ち込んでしまう。
この結果を見てバンプレストはシリーズ打ち切りを予定していたが、ウィンキーソフトが何とか食らいついて結論は次回作(『第3次スーパーロボット大戦』)の売上で出すことになった。なお、ウィンキーソフトはシリーズが打ち切られた場合他社へ企画を持ち込むつもりだったという。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック