"1984年発売ソフト① (10タイトル)"の記事一覧

1984年発売ソフト① (10タイトル)

1984年①(10タイトル) 1月14日 テニス (任天堂、192K、4,500円)☆☆ 2月 2日 ピンボール (任天堂、192K、4,500円)☆☆ 2月18日 ワイルドガンマン (任天堂、192K、4,500円) ☆☆ 4月21日 ダックハント (任天堂、…

続きを読むread more

ロードランナー

『ロードランナー 』はハドソンがファミリーコンピュータ用に移植したゲーム。 ファミコンではじめて横スクロールする画面を搭載したゲーム。 ファミコンだと低年齢層への配慮されてキャラのサイズを少し大きくしたので1画面に映し出せなかったので、異なる画面構成になった。 そこで左右の横スクロールが取り入れられた。 1画面に入ら…

続きを読むread more

ナッツ&ミルク

『ナッツ&ミルク』NUTS & MILKは、1984年にハドソンから発売されたパソコン用ゲームで、その後1984年7月28日に同社から発売されたファミリーコンピュータ用のゲーム。 主人公であるミルクが、恋人のヨーグルの家へ行くお話での中でアクションとパズルのゲームです。 題名の中でのナッツとは実は敵キャラの名前で、主人公…

続きを読むread more

ドンキーコング3

『ドンキーコング3』は、1984年、任天堂が開発販売したアーケードゲーム。 同じ年の7月4日にはファミリーコンピュータのほうで販売、8月20日になるとゲーム&ウォッチでも遊べるよう移植された。 それからハドソンによって、パソコンのPC-8801に移植されて遊べるように。 だいたいは同じシステムを使っているが、ステージ…

続きを読むread more

ファミリーベーシック

ファミリーベーシックは、任天堂が発売したファミリーコンピュータの周辺機器。 BASIC言語をプログラムされてるROMカセット、プラスのファミコン本体と拡張端子みたいなとこにつなげて使うキーボードコントローラの二つが一対に発売されている。1984年の6月21日に14,800円で当時発売されてるみたいだワオ。 上に書いた二つ…

続きを読むread more

ホーガンズアレイ

ホーガンズアレイ 光線銃シリーズのファミコンソフト。 出てくるパネルの中からすぐに悪者を見つけて、ショットするゲーム。 パネルには普通の警察官や一般市民などが出てくるので間違って撃ってしまうとアウト。 缶をトリックショットで移動させて運ぶゲームモードもある。 ゲームモード Aではパネルの出てくる位置が必…

続きを読むread more

ゴルフ

『ゴルフ』GOLFは、1984年5月1日に任天堂より発売された、 ファミリーコンピュータ用スポーツゲーム。ファミコン初のゴルフゲーム。 ルイージ風 コスプレ 服 ジャンルはスポーツゲーム 遊べる人数は1~2人 ステージは全18ホールあり、風の向きや芝の向きなんかもシステム内に組まれていて、本当のゴル…

続きを読むread more

ダックハント

1984年4月21日に発売された光線銃コントローラを使うファミコンゲームシリーズのひとつ。 2人プレイで片方がカモをコントローラーで操作したりして遊ぶことができるたりカモを撃ち落とす他にクレー射撃で遊ぶこともできる。 ゲームモード Aではカモは1匹現れ、ゲームモード Bではカモは2匹現れる。 タマは3発で、3発撃ってカ…

続きを読むread more

ワイルドガンマン

 1984年にファミリーコンピュータでの銃型のコントローラ光線銃を使った射撃ゲーム。 光線銃シリーズで発売された初期のファミコンソフト。 銃コントローラの引き金を引くとゲーム画面が標的のカソールのみが白く映し出されている専用のゲーム画面に切り替わる。 銃コントローラのセンサーがその位置を検知して命中したかどうかを判定す…

続きを読むread more

ピンボール

『ピンボール』は1984年2月2日に任天堂が発売したファミリーコンピュータ用ピンボールゲーム。 アーケード版も存在していたらしい。 2006年12月からWiiのバーチャルコンソールで配信するようになった。 2画面の上下で分かれたシンプルな画面でのピンボールゲーム。 ボールの動きや見えなくなるなど、シミュレーターよ…

続きを読むread more

テニス

テニスは1984年1月14日、任天堂が発売したファミリーコンピュータ用スポーツゲーム 。 ジャンルはスポーツゲーム 遊ぶ人数はから2人 売上本数は約156万本 その名の通り、ただ単にテニスをプレイして遊ぶという内容。 ファミコン用のカセットで初めてのテニスゲーム、のちのちのテニスゲームの原点とな…

続きを読むread more