"1985年発売ソフト① (10タイトル)"の記事一覧

1985年発売ソフト① (10タイトル)

1985年①(10タイトル) 1月22日 バルーンファイト(任天堂、192K、4,500円) ☆☆☆ 1月30日 アイスクライマー(任天堂、192K、4,500円) ☆☆☆ 2月11日 エクセリオン(ジャレコ、192K、4,500円) ☆☆ 2月15日 ギャラガ(ナムコ、192K、4,500円)☆☆ …

続きを読むread more

バルーンファイト

バルーンファイトは、任天堂が発売したアクションゲーム?で主人公(名前などは特に無かった)は2つの風船を付けており、それを上からぶつけられて二つ割られるとやられてしまう、そんな感じのゲームだった。 このゲームでも基本は協力だが、時には邪魔して対戦してたな。 バルーンファイト、マリオバージョン

続きを読むread more

アイスクライマー

アイスクライマー は、任天堂から発売されたゲームソフトである。 1985年1月30日にファミリーコンピュータ用のアクションゲームとして発売された。 当時はそのゲーム性が非常に人気を呼び、同年に『VSアイスクライマー』としてゲームセンターに登場。 現在でも根強いファンが多く、2004年2月14日に発売されたファミ…

続きを読むread more

エクセリオン

『エクセリオン』は、業務用及びファミコン用のシューティングゲーム。  1983年業務用稼動開始、1985年2月11日ファミコン版発売。発売元はジャレコ。セガSG-1000シリーズ用も発売されていた。  本作は固定画面式のシューティングゲームで、8方向ジョイスティックとボタン2個で操作する。  擬似3Dスクロール…

続きを読むread more

ギャラガ

ギャラガは、当時名でナムコが1981年9月に売り出しされたアーケードゲーム。 宇宙空間を踏まえてのバトルを思考した固定化画面タイプのシューティングゲームということになります。 以前リリースされていた同社のソフト『ギャラクシアン』の継承作品として誕生した。 最初の頃、ナムコ会社内だと「ギャラクシアン」に似…

続きを読むread more

ファミリーベーシックV3

ファミリーベーシックとは、任天堂のファミリーコンピュータの周りオプションの一個。 BASIC言語を採用したロムカセットと、ファミコン本体のエキスパンドコネクタ(ツインファミコンでは拡張タンシA)につなぐキーボードの2点が一緒になっている。 1984年6月21日、14,800円で売り出された。 先程の2点をフ…

続きを読むread more

バンゲリングベイ

バンゲリングベイ は、昔は米Brøderbund社が作り上げたシューティングゲーム。 『ロードランナー』『チョップリフター』と一緒に、バンゲリング帝国三部作の一部であるようだ。 国内では、ハドソンがファミコンを対象に移植した力作で知られる。 ソニー(HiTBiTブランド)から売れ出されたMSX版もあるみたいで…

続きを読むread more

フォーメーションZ

フォーメーションZというのは、ジャレコから売れ出された業務用およびファミコンに向けたシューティングゲーム。 1984年業務用稼動スタート、1985年4月4日ファミコン版販売。 フォーメーションZは、サイドスクロールシューティングゲームです。 自分の機体(イクスペル)は変形戦闘機で、ロボットフォームと…

続きを読むread more

サッカー

『サッカー』は、1985年4月9日に任天堂から製品化されたファミリーコンピュータ用スポーツゲームです。 サイドビュー横スクロール型画面のフィールドで、シンプルにサッカーを遊んでプレイしていくというゲーム。 ファミコンで初めてのサッカーゲームということで、後のちのサッカーゲームの基本になった。 1人用でCOMと対戦したり…

続きを読むread more

スペースインベーダー

スペースインベーダー は、株式会社タイトーが1978年頃(昭和53年)に売り出しされたアーケードゲーム。 これに代表される同社の後続商品、他の会社製の系統似製品・類似品を称してインベーダーゲームと呼ばれる。 発明した人物はその当時タイトーの系列会社、パシフィック工業の従業員だった西角友宏。

続きを読むread more

チャンピオンシップロードランナー

チャンピオンシップロードランナー(Championship Lode Runner)はコンピューターゲームで、ロードランナーの続編としても知られている。 オリジナルはアメリカ合衆国Brøderbund会社のAppleII用ゲーム。 国内では、1985年よりファミリーコンピュータ (ハドソン) とかSG-1000 (発売元:セ…

続きを読むread more