"1985年発売ソフト④ (10タイトル)"の記事一覧

1985年発売ソフト④ (10タイトル)

8月9日 アストロロボSASA(アスキー、320K、5,500円) ☆☆ 8月10日 本将棋 内藤九段将棋秘伝(セタ、4,500円) ☆☆ 8月13日 ジャイロセット(任天堂、320K、5,800円) 8月28日 ゲイモス(アスキー、320K、5,500円)☆☆ 8月30日 10ヤードファイト(アイレム、1…

続きを読むread more

アストロロボSASA

『アストロロボSASA』は、1985年8月9日にアスキーからファミリーコンピュータ用に発売されたコンピュータゲームソフト。 同社が1984年にMSX用に発売したアクションシューティングゲーム『SASA』(ササ)をファミコン用に移植したもので、ファミコンサードパーティ参入作品の第1作でもある。 プレイヤーは「S…

続きを読むread more

ゲイモス

『ゲイモス』は、1985年8月28日にアスキーより発売されたファミリーコンピュータ用ソフト。 『ゲイモス』は、3Dシューティングゲーム。戦闘機を動かして敵を次々と倒して行き、ボス「フォボス」を倒すゲーム。全6面。 対空武器の「パルサー」、対地武器の「クェーサー」を使い分けて敵を倒す。各ステージは太陽系の各惑星…

続きを読むread more

本将棋 内藤九段将棋秘伝

  本将棋 内藤九段将棋秘伝は、1985年8月10日にセタが発売したファミリーコンピュータ用ソフト。 内藤國雄監修のゲーム。 将棋の手合割と、後手先手を選ぶことは可能。 コンピュータの強さを調整することはできない。また、詰め将棋が無い。 余談だが、プレイヤーから見て右側はロボット(コンピュータ)で、左側は人間。 …

続きを読むread more

10ヤードファイト

『10ヤードファイト』は、1983年にアイレム(現アイレムソフトウェアエンジニアリングないしアピエス)から発売されたテレビゲーム。アメリカンフットボールのルールをほとんど知らなくても楽しめるようになっていた。 1983年にアーケードゲームとして発売されたが、1985年にファミリーコンピュータ用ゲームソフトとしても移植され、…

続きを読むread more

バトルシティー

『バトルシティー』(BATTLE CITY)は、1985年9月にナムコ(現・バンダイナムコゲームス)から発売されたファミコンゲーム。アーケードゲーム『タンクバタリアン』(1981年同社作品)のリメイク作品。協力・対戦プレイや各種パワーアップなど、時代に即したグレードアップが功を奏し、ファミコンブームを支える中堅タイトルとしてヒッ…

続きを読むread more

スーパーマリオブラザーズ

スーパーマリオブラザーズは、任天堂が発売したファミリーコンピュータ用ゲームソフトである。日本での発売日は1985年9月13日。 略称『スーパーマリオ』『スーマリ』『マリオ1』『SMB』等。 ディレクターは宮本茂。社会現象とも言える空前の大ブームを巻き起こし、ファミコンゲーム、ひいては家庭用ゲームの認知度を高めるのに最…

続きを読むread more

プーヤン

プーヤンは、1982年にコナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)より発売されたアーケードゲーム。子ブタをさらいに襲い来るオオカミたちを母ブタのプーヤンが弓矢で打ち落とす童話風のシューティングゲームである。 かわいらしいキャラクターと、それに似合わぬ高度なゲーム性が人気を呼んだ。 ステージのパターンは以下の三…

続きを読むread more

ハイパースポーツ

1985年9月27日にコナミより発売されたファミコンソフト。 初代のハイパーオリンピックに比べて、ボタンを押すタイミングを重視した種目も多くなっている。 また、入力の処理方式が異なっており、左右交互押しによるRUNボタン連打が若干やり易くなっている。 4周目までしかなかった初代ハイパーオリンピックと違い、6…

続きを読むread more

シティコネクション

シティコネクション(City Connection)は、1985年にジャレコがリリースしたアーケードゲーム。 同年、ファミリーコンピュータやMSXにも移植され、近年ではWindows版(内容はアーケード版のエミュレート)が発売された他、iアプリやEZアプリ対応版もリリースされている。 この他、2003年10月23日に発…

続きを読むread more