"1986年発売ソフト⑥(10タイトル)"の記事一覧

1986年発売ソフト⑥(10タイトル)

10月8日 バギー・ポッパー(データイースト、512K、4,900円) 10月23日 うる星やつら ラムのウェディングベル(ジャレコ、512K、4,900円) 10月30日 けいさんゲーム算数4年(東京書籍、4,900円) 10月30日 けいさんゲーム算数5・6年(東京書籍、4,900円) 10月31日 …

続きを読むread more

バギー・ホッパー

『バギー・ポッパー』は、1986年10月8日にデータイーストよりファミリーコンピュータ用として発売されたアクションカーレースゲーム。 アーケード版で発売された『バーニン'ラバー』(1982年11月)をアレンジ移植したもの。 愛車「バギー・ポッパー」でドライブ中、悪漢「ブラック軍団」に襲われ、彼女が連れ去られてしまっ…

続きを読むread more

うる星やつら ラムのウエディングベル

うる星やつら ラムのウエディングベル 1986年10月、ジャレコがファミリーコンピュータ用に発売した、「モモコ120%」の事実上の移植作品。 オリジナルの業務用とほとんど同一の内容であるが、キャラクターがモモコからラムへと変更され、敵キャラクターもうる星やつらに因むものに変更されている。 しかし、こ…

続きを読むread more

けいさんゲーム 算数4年

残機制を採用(残機数2)し、「わり算」「小数のたし算とひき算」「小数のかけ算とわり算」は同じゲームシステムを使用する。アイコンは『算数3年』の「わりざん2」に登場したカエル。 わり算アクションゲーム。敵はナイフで倒すこともできる。 コース1: 3桁の割り算。 コース2: 4桁の割り算。 小数のたし算とひき算「わ…

続きを読むread more

けいさんゲーム 算数5・6年

残機制を採用(残機数2)し、「小数のかけ算」「小数のわり算」および「分数のたし算とひき算」「分数のかけ算とわり算」はそれぞれ同じゲームシステムを使用する。アイコンは蛇。 小数のかけ算小数のわり算横スクロールのシューティングゲーム。計算問題を解くと次のステージに進むことができる。コース1が通常レベルでコース2が上級レ…

続きを読むread more

ミシシッピー殺人事件

ミシシッピー殺人事件は、ジャレコが発売したファミリーコンピュータ用のアドベンチャーゲーム。のちにMSX2へ移植された。 海外では「MURDER ON THE MISSISSIPPI」という名前でアクティビジョンからコモドール64、Apple IIで発売されている。海外のものがオリジナルであり、日本のものはジャレ…

続きを読むread more

スーパースターフォース

『スーパースターフォース』は、1986年11月11日にテクモから発売された、ファミコンのシューティングゲームである。サブタイトルは「時空暦の秘密」。  前作『スターフォース』(ファミコン版はハドソンより発売)の人気から続編開発の機運が高まり、オリジナルの版権を持つテクモが開発に当たった。  折りしも、同年に発…

続きを読むread more

ファミリートレーナー

ファミリートレーナーとはバンダイが1986年にファミコン向けに発売された体感装置である。海外ではPower Pad(パワーパッド)として発売された。 10タイトルある。付属のマットを利用してテレビ画面の前で実際に足踏みしたりジャンプしたりする事で操作する。 その操作方法は、集合住宅や家屋の2階などで利用する場合…

続きを読むread more

迷宮組曲

 『迷宮組曲』は、ハドソンから発売されたゲームソフト。1986年11月13日にファミリーコンピュータ用のアクションゲームとして発売された。  音楽あふれる平和な星エプシロン星に、ある日魔人マハリトが現れ、街中の楽器を奪い尽くし、王女エルシラをガーランド城に閉じ込めてしまった。果たして主人公ミロンはガーランド城を攻略…

続きを読むread more

長靴をはいた猫 世界一周80日大冒険

1986年、第3作をもとにしたファミリーコンピュータ用ソフトが東映動画より発売。製作はショウエイシステムで、タイトル名は『長靴をはいた猫 世界一周80日大冒険』。 「ペロ」を操作する横スクロールアクションで、「80日」と表示された時間制限のうちに8つのステージをクリアするというもの。 システムはライフ+残機制で、…

続きを読むread more