"1986年発売ソフト⑦(10タイトル)"の記事一覧

1986年発売ソフト⑦(10タイトル)

11月21日 アイギーナの予言(ビック東海、1M+64KRAM、5,300円) 11月21日 元祖西遊記スーパーモンキー大冒険(バップ、512K、4,900円) 11月26日 マッピーランド(ナムコ、1.25M、3,900円) 11月26日 怒(ケイアミューズメント、1.25M、5,500円) 11月27…

続きを読むread more

アイギーナの予言

『アイギーナの予言』は、ビック東海が1986年11月21日に発売したファミリーコンピュータ用のアクションゲーム。同社が発売したアーケードゲーム『バルバルークの伝説』の続編にあたる。 プレイヤーは主人公である考古学者のジェイソンを操作してバルバ地方にある五つの遺跡を探索、秘宝「オーラスター」を探し出し、ゲームタイトル…

続きを読むread more

元祖西遊記スーパーモンキー大冒険

『元祖西遊記スーパーモンキー大冒険』は、バップから発売されたゲームソフト。1986年11月21日にファミリーコンピュータ用のロールプレイングゲームとして発売された。 プレイヤーが三蔵法師や孫悟空らを操作し、天竺を目指すロールプレイングゲームで、時間経過や水・食料の概念などの要素がある。一方で、フィールド上を何十…

続きを読むread more

マッピーランド

『マッピーランド』は、1986年11月26日にナムコ(現・バンダイナムコゲームス)より発売されたファミリーコンピュータ用ソフト。「ナムコット ファミリーコンピュータゲームシリーズ」第20弾。同社より発売された『マッピー』の続編にあたる。 サイドビューの横スクロールアクションゲーム。8面×4ストーリーの合計32面から…

続きを読むread more

怒(いかり)

怒は1986年にSNKが制作・販売した縦スクロール型アクションゲーム及びそのシリーズの名称である。 ボタンは主に、銃と手榴弾の使用に用いる。 色違いの敵兵を倒すとアイテムが出ることがある。このゲームでは銃弾、手榴弾ともに弾数制限があるので、アイテムは単に各種パワーアップのためだけではなく、残弾を補給するためにも拾…

続きを読むread more

ドラゴンボール 神龍の謎

『ドラゴンボール 神龍の謎』は、バンダイから発売されたゲームソフト。  主人公の孫悟空を操作し、トップビュー方式のアクションマップ上を、敵キャラクターを倒しながら進んでいく。  特定の敵キャラクターを倒さないと扉が開かない場所もある。また、サイドビュー方式の謎解き部屋、バトル部屋も用意されている。  基本的…

続きを読むread more

キャッスルエクセレント

 アスキーから発売されたアクションパズルゲーム。第2回アスキーソフトウェアコンテストのグランプリ受賞作品。 主な対応機種は最初に発売されたFM-7やX1、後に移植されたPC-8801やMSXなどのパーソナルコンピュータである。 続編として全体の難易度をはるかに向上させたキャッスルエクセレントが半年後の1985年1…

続きを読むread more

トランスフォーマー コンボイの謎

『トランスフォーマー コンボイの謎』は1986年12月3日にタカラ(現:タカラトミー)より発売されたトランスフォーマーのファミリーコンピュータ用アクションゲーム。 サイバトロンシティーコマンダー・ウルトラマグナスを操り、デストロンを倒してゆく。販売は日本のみ。 ゲームのパッケージに書いてある英題は「MYSTERY…

続きを読むread more

タイガーヘリ

タイガーヘリは、1985年にアーケードゲームとして登場した縦スクロール・シューティングゲーム。販売はタイトー、製作は東亜プラン。 東亜プランのシューティングゲーム(以下STG)としては最初の作品にあたり、既に当作品において現代STGに通じる様々な要素が搭載されている。 ポニーキャニオンの発売でファミコンに移植され、プレ…

続きを読むread more

DAIVA(ディーヴァ)

『DAIVA(ディーヴァ)』は、T&E SOFTが1986年から1988年にかけて発表した一連のコンピュータゲームシリーズ。 ファミリーコンピュータ用ROMカートリッジで東芝EMIから1986年12月5日発売。 星間国家を舞台とした、7つのストーリーで構成されるスペースオペラ。 各ストーリーは、それぞれ異なるプラ…

続きを読むread more