"1987年発売ソフト①(10タイトル)"の記事一覧

1987年発売ソフト①(10タイトル)

1月4日 火の鳥 鳳凰編 我王の冒険(コナミ、1M+64KRAM、5,300円) 1月7日 ドラゴンバスター(ナムコ、1.25M、4,900円) 1月7日 ラビリンス(徳間書店、1M+64KRAM、4,900円) 1月26日 ドラゴンクエストII 悪霊の神々(エニックス、1M+64KRAM、5,500円) …

続きを読むread more

火の鳥 鳳凰編 我王の冒険

『火の鳥 鳳凰編 我王の冒険』は、1987年1月4日にコナミから発売されたファミリーコンピュータ用アクションゲームソフト。 ゲームの目的は、全16のステージをクリアし、火の鳥の彫刻のパーツを集めて絵を完成させることである。 各ステージの最後に待ち受けるボス敵を倒し、彫刻のパーツを取ればステージクリアとなる。ス…

続きを読むread more

ドラゴンバスター

『ドラゴンバスター』は、ナムコ(現バンダイナムコゲームス)が1985年1月によりアーケードゲーム用として発売したアクションゲーム。タイトル画面の「Copyright 1984」という表示は開発・ロケテストが1984年に行われたため。 ドラゴンバスターとは、直訳すれば「竜を退治する者」の意味だが、各ステージのラストに…

続きを読むread more

ラビリンス/魔王の迷宮

徳間書店インターメディアからファミコンソフトとしても発売されており、原作と同じように13時間以内に弟を救出すると言う内容のアクションゲーム。 1987年1月7日発売。ワープする迷路、十字キー操作が入れ替わる面などがあり、難易度は高い。 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用

続きを読むread more

ドラゴンクエストII 悪霊の神々

『ドラゴンクエストⅡ 悪霊の神々』は、エニックス(現スクウェア・エニックス)より発売されたゲームソフト。ジャンルはロールプレイングゲーム(RPG)。 日本では、1987年1月26日にファミリーコンピュータ(ファミコン、以下FC)用ソフトとして発売され、翌年にMSX、MSX2にも移植された。 その後、リメイク版…

続きを読むread more

新人類

新人類はリコーエレメックスが1987年2月10日に発売したファミリーコンピュータソフト。 プロレスラーの長州力とコラボレートした縦スクロール型シューティングゲーム。当初はフィールド型アクションゲームとして開発され、メディアにも画面写真が紹介されていたが、最終的にはシューティングゲームに落ち着いた。なお、開発自体は…

続きを読むread more

飛龍の拳

『飛龍の拳』はカルチャーブレーンより発売されたファミコン用の格闘アクションゲーム。 また、ゲームに登場する必殺技の名称である。 スーパーファミコンやプレイステーションやゲームボーイやNINTENDO64で続編が多数作られている。 元々はアーケード用の格闘ゲームで、相手の隙と自分が狙われている箇所が丸印で現さ…

続きを読むread more

ポケットザウルス 十王剣の謎

ポケットザウルス 十王剣の謎(ぽけっとざうるす じゅうおうけんのなぞ)は、1987年にバンダイから発売されたファミリーコンピュータ用ゲームソフト。同社の発売したキャラクター文具「ポケットザウルス」をモチーフとしている。 横スクロールのアクションゲーム。当時バンダイの社員だった橋本名人をモチーフとした「ハシモトザウル…

続きを読むread more