"1987年発売ソフト④(10タイトル)"の記事一覧

1987年発売ソフト④(10タイトル)

6月19日 ファミリーボクシング(ナムコ、1M、4,900円) 6月20日 うっでいぽこ(デービーソフト、1M+64KRAM、5,500円) 6月26日 燃えろ!!プロ野球(ジャレコ、1.5M、5,500円) 6月27日 北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ(アスキー、2M+64KRAM、5,800円) 6月27日 …

続きを読むread more

ファミリーボクシング

『ファミリーボクシング』は1987年6月19日にナムコから発売されたファミリーコンピュータ用のボクシングゲーム。 国外では『King of Boxer』と『Ring King』というタイトルでデータイーストから発売された。 元々はウッドプレイス社がアーケードで発売していた『キングオブボクサー』の移植作で、『プ…

続きを読むread more

うっでいぽこ

『うっでいぽこ』(Woody POCO)は、1986年にデービーソフトから発売されたコンピュータゲーム。 デービーソフトの代表作の一つで、アドベンチャーゲームの要素を持つ横スクロール型アクションRPGである。 ゲーム中は時間や季節の概念があり、また、一度に所持できるアイテム数に限りがあるためアイテム所持や使用…

続きを読むread more

燃えろ!!プロ野球

燃えろ!!プロ野球は、1987年6月26日にジャレコから発売された、野球を題材にしたファミリーコンピュータ向けゲームソフトです。 通称燃えプロ。開発元はトーセ。後にシリーズ化された。 当時大ヒットしていた野球ゲーム『プロ野球ファミリースタジアム』に対抗し、リアルな絵を売り物にした。 非常に前評判が高く、多く…

続きを読むread more

北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ

『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』は、堀井雄二がシナリオを手がけたアドベンチャーゲーム。 同じく堀井雄二がシナリオを手がけた『ポートピア連続殺人事件』『軽井沢誘拐案内』と本作を合わせて「堀井ミステリー三部作」とも呼ばれた。 事件の発端は東京湾晴海埠頭で発見された謎の死体。その身元が判明するにつれ捜査は北海道…

続きを読むread more

所さんのまもるもせめるも

所さんのまもるもせめるもは、1987年6月27日に、エピックソニーレコードから、発売されたアクションゲーム。所ジョージ全面監修による、タレントゲーム。 時間制限制の横スクロールアクションゲーム。所ジョージを操り、千代田区(東京都)から所沢市(埼玉県)の自宅を目指す。ループで同じ面をしなければならない、攻撃方法の1つである水…

続きを読むread more

ゾンビハンター

『ゾンビハンター』は、ハイスコアメディアワークより発売されたゲームソフト。 本作は、かつて存在したゲーム雑誌『ハイスコア』内の企画として作られたゲームである。同誌の企画で作られたゲームは、ほかに『ファリア 封印の剣』がある。 横スクロールタイプのアクションロールプレイングゲームで風の精霊エアリアルの部下、ビュ…

続きを読むread more

月風魔伝

『月風魔伝』は、1987年7月7日にコナミから発売されたファミリーコンピュータ専用のゲームソフト。 西暦一万四千六百七十二年(14672年)。地獄界より覚醒した魔王『龍骨鬼』が地上に出現し、人類は滅亡の危機に立たされていた。 地上の統治者『月氏三兄弟』(げつしさんきょうだい)のうち生き残った末弟『月風魔』は、…

続きを読むread more

ブービーキッズ

『ブービーキッズ』は1987年7月10日に日本物産が発売したファミコンソフト。 タイトルは異なるが、アーケード版である本作とほぼ同時期に発売されたファミコン版。グラフィックやサウンドや登場キャラクターはほぼ同じだが、ステージ構成は大幅に異なり、タイムスリップも一定のステージをクリアして古代から未来へと順に進んで行く…

続きを読むread more

ヘクター'87

『ヘクター'87』は、ハドソンが1987年7月16日に発売した、ファミリーコンピュータ用シューティングゲーム。 自機「ノア号」を十字キーで8方向に動かし、Bボタンで対空中用の光粒子砲、Aボタンで対地上用のクラスター爆弾で攻撃する。 ステージは全6面で1・3・5面は縦スクロール、2・4・6面は横スクロールで進行…

続きを読むread more