"1987年発売ソフト⑥(10タイトル)"の記事一覧

1987年発売ソフト⑥(10タイトル)

8月10日 聖闘士星矢 黄金伝説(バンダイ、2M、5,500円) 8月10日 エルナークの財宝(トーワチキ、1M+64KRAM、5,300円) 8月11日 魔城伝説II 大魔司教ガリウス(コナミ、1M+64KRAM、4,900円) 8月11日 天下のご意見番 水戸黄門(サンソフト、2M、5,300円) 8月11日…

続きを読むread more

聖闘士星矢 黄金伝説

週刊少年ジャンプ連載の漫画『聖闘士星矢』、同時放映のテレビアニメのヒットを受けて作られたアクションRPG。 ストーリーは原作の冒頭から十二宮の黄金聖闘士との戦いまでを描いている。 オリジナルな部分も交えつつも全体的には原作に素直に作られてあるが、当時原作も黄金聖闘士戦の最中だったためか、登場しない黄金聖闘士が…

続きを読むread more

魔城伝説Ⅱ 大魔司教ガリウス

『魔城伝説Ⅱ 大魔司教ガリウス』はコナミより発売されたサイドビューのアクションRPG。 MSXで発売された魔城伝説の続編「魔城伝説Ⅱ ガリウスの迷宮」のファミコン移植版にあたるが、様々な部分が変更されている。魔城伝説3部作のうち、唯一ファミコンでも発売された作品。 『魔城伝説』の主人公ポポロンと、前作でポポロ…

続きを読むread more

天下のご意見番 水戸黄門

ゲーム第1作『天下のご意見番 水戸黄門』は、1987年8月11日に発売された。テレビドラマと同様に、主人公である水戸黄門・光圀が助さん・格さんらを引き連れて諸国(7ステージ)を漫遊し、事件を解決すると言う内容になっている。 プレイヤーは格さん(奇数ステージ)または助さん(偶数ステージ)を操作し、町の中で聞き込みをし…

続きを読むread more

ファミリーマージャン

『ファミリーマージャン』は、1987年8月11日にナムコから発売されたファミリーコンピュータ用麻雀ソフト。二人打ち。 一からルールを学ぶことが出来るので、麻雀入門者向けのソフトと言える。

続きを読むread more

夢幻戦士ヴァリス

夢幻戦士ヴァリスは、1986年に日本テレネットが発売した、横スクロールアクションゲーム。開発は同社・ウルフチーム。 普通の女子高生だった優子は夢幻界・ヴァニティの女王ヴァリアによって「ヴァリスの戦士」に指名された。 優子の使命はヴェカンティの支配者・ログレスとその部下である4人のヴォーグを倒し、5個の「ファン…

続きを読むread more