"1987年発売ソフト⑦(10タイトル)"の記事一覧

1987年発売ソフト⑦(10タイトル)

9月3日 アラビアンドリーム シェラザード(カルチャーブレーン、2M、5,500円) 9月5日 ゾイド 中央大陸の戦い(東芝EMI、1M+64KRAM、5,300円) 9月11日 デジタル・デビル物語 女神転生(ナムコ、2M、4,900円) 9月11日 SWAT(東映動画、1M+64KRAM、5,300円) …

続きを読むread more

アラビアンドリーム シェラザード

『アラビアンドリーム シェラザード』は、1987年にカルチャーブレーン/マイクロアカデミーより発売されたアクションRPGである。 北米では『Magic of Scheherazade』というタイトルで1989年12月に発売されている。 舞台はアラビアの世界。 ある日、邪悪な魔道士・サバランが、平和なアラ…

続きを読むread more

ゾイド 中央大陸の戦い

ゾイド 中央大陸の戦いは東芝EMIによるファミリーコンピューター用ソフト。MSX2用も発売された。 共和国ゾイドを駆使して、帝国軍と戦うストーリー。全体としてはRPGだが、戦闘はファーストパーソン・シューティングゲームに近いゲームとなっている。データ保存はパスワードコンティニューである。 フィールド上で動くほ…

続きを読むread more

デジタル・デビル物語 女神転生

『デジタル・デビル物語 女神転生』は1987年9月11日にファミコン用ソフトとして発売された。 1995年に続編の「デジタル・デビル物語 女神転生II」と共に「旧約・女神転生」のタイトルでリメイクされた。2004年より携帯電話アプリとしても配信されている。 後に開発元のアトラスによってシリーズ化された「女神転…

続きを読むread more

スペランカー2 勇者への挑戦

ファミリーコンピュータ版スペランカーの続編として1987年に発売された。RPG要素がある。探検家・エスパー・聖職者の3人のうち誰かを操作し謎を解いていくという内容でヒットポイントや魔法(のようなもの)が存在する。尚、アイレム発売のファミリーコンピュータ用カートリッジとしては前部に取り付けられた赤い発光ダイオードが搭載された最後の…

続きを読むread more

つっぱり大相撲

『つっぱり大相撲』は、1987年9月18日にテクモから発売された大相撲を題材としたファミリーコンピュータ用ゲームソフト。 2003年にはVアプリ(現・S!アプリ)に移植されたほか、2007年5月15日からWiiのバーチャルコンソールで配信が開始された。 家庭用ゲーム機で発売された大相撲を題材としたタイトルとし…

続きを読むread more

バイオ戦士DAN インクリーザーとの闘い

『バイオ戦士DAN インクリーザーとの闘い』は、アトラスが開発し、1987年9月22日にジャレコが発売したファミリーコンピュータ用アクションゲーム。 西暦2081年、地球は「インクリーザー」と呼ばれる超増殖生命体に占領されつつあった。このままでは地球は滅亡するという結論に至った人類は、DAN(ダン)という青年にバイ…

続きを読むread more

沙羅曼蛇

『沙羅曼蛇』は、1986年にコナミが発売したアーケード用シューティングゲーム。『グラディウス』の続編に当たる作品。「沙羅曼陀」や「沙羅慢蛇」などとしばしば誤記される。 本作の海外版の名称は『LIFE FORCE(ライフフォース)』となっているが、この名称の作品には2種類存在する。 1つは背景の一部を差し替えて…

続きを読むread more