"1988年発売ソフト③(10タイトル)"の記事一覧

1988年発売ソフト③(10タイトル)

3月17日 ローリングサンダー(ナムコ、5,500円) 3月18日 谷川浩司の将棋指南II <名人への道>(ポニーキャニオン、1M+64KRAM、5,500円) 3月18日 ナポレオン戦記(アイレム、1.25M、5,500円) 3月18日 信長の野望・全国版(光栄、2M+64KRAM、9,800円) …

続きを読むread more

ローリングサンダー

『ローリングサンダー』 は、1986年12月にナムコ(現・バンダイナムコゲームス)が開発したコンピュータゲーム(アーケードゲーム)である。 横スクロール方式のアクションゲームであり、1960年代のアメリカを舞台に、スパイ映画風のハードボイルドテイストを基調にしながら、改造人間といった近未来的サイバーテイストも加味…

続きを読むread more

信長の野望・全国版

『信長の野望・全国版』は、ゲームメーカーのコーエーから発売された歴史シミュレーションゲーム、前作(初代)に続く信長の野望シリーズの第2作である。 1986年にまず多くの機種向けにパソコン版として発売し、1988年にファミコンにも移植された(これが光栄の家庭用ゲーム機市場への初参入となった)のをはじめ、スーパーファミ…

続きを読むread more

ゴルゴ13 第一章 神々の黄昏

ゴルゴ13 第一章神々の黄昏は1988年3月26日にビック東海が発売したファミコンゲームソフト。 基本はアクションゲームだが、アドベンチャー要素あり、3Dガンシューティングあり、3Dダンジョンあり、横スクロールシューティングありといった具合に非常に多彩な内容になっている。 何秒かたつとライフが1減り、敵を倒すと体…

続きを読むread more

武田信玄

『武田信玄』は、1988年3月28日に発売されたファミコン用ゲームソフト。続編に『武田信玄2』がある。 武田信玄が天下統一を目指す歴史シミュレーションゲーム。シナリオ1から3までの3部構成となっており、信越地方の十三国を制覇後、川中島の戦いで上杉謙信を、関ヶ原の戦いで織田信長をそれぞれ倒せばクリアとなる。 兵…

続きを読むread more

不動明王伝

『不動明王伝』は、1988年にタイトーが発売したファミコンアクションゲーム。 同社のゲーム『影の伝説』のシステムを踏襲しつつ、アイテムの選択・使用や手裏剣・刀の成長、パスワード制の導入など、新たな要素も盛り込まれている。

続きを読むread more