"1988年発売ソフト④(10タイトル)"の記事一覧

1988年発売ソフト④(10タイトル)

3月30日 ビー・バップ・ハイスクール 高校生極楽伝説(データイースト、2M+64KRAM、5,800円) 4月5日 独眼竜政宗(ナムコ、2M+64KRAM、5,500円) 4月8日 双截龍(ダブルドラゴン)(テクノスジャパン、2M、5,800円) 4月8日 ジーキル博士の彷魔が刻(東宝、1M+64KRAM、5,300…

続きを読むread more

独眼竜政宗

独眼竜政宗は、1988年4月5日にナムコから発売されたファミコン用歴史シミュレーションゲーム。 プレイヤーは奥州の戦国大名・伊達政宗となり、奥羽11カ国(ただし、常陸国の佐竹は関東地方なので例外)の統一を目指す。 歴史ゲームらしからぬコミカルな雰囲気と、同社作品のファミリージョッキーを髣髴とさせるミニゲーム(…

続きを読むread more

ダブルドラゴン

アーケード版の一作目は1987年発売。前年の同社ヒット作『熱血硬派くにおくん』の正統後継作として誕生し、ビデオゲームにおいてベルトスクロールアクションゲームというジャンルを確立させた本作はブルース・リーを愛する開発者たちによって作られた。 シリーズ名の『ダブルドラゴン』は、2人の主人公であるビリー・リーとジミー・リ…

続きを読むread more

ジーキル博士の彷魔が刻

『ジーキル博士の彷魔が刻』は1988年4月8日に東宝より発売されたファミコン用アクションゲーム。 イギリスの作家、ロバート・ルイス・スティーヴンソンの小説である『ジーキル博士とハイド氏』をモチーフにしたアクションゲーム。主人公のジーキル博士を操作して、幾多の妨害をかわしながら婚約者が待つ教会へたどり着くのが目的。全…

続きを読むread more

怒Ⅱ

『怒』の続編である。前作の戦いの後に休暇を取っていたラルフ・ジョーンズとクラーク・スティルが、突如異次元空間に引きずり込まれ、異世界で魔物と戦いを繰り広げるというストーリーとなっている。 縦スクロール形式のアクションシューティングゲームで2人同時プレイ可能。 手榴弾の攻撃範囲は着弾地点から1×1マス、爆風で地…

続きを読むread more

砂漠の狐

『戦車戦略 砂漠の狐』は、ケムコ(KEMCO)が1988年4月23日にファミコンで発売した第二次世界大戦(主に北アフリカ戦線)を題材としたウォー・シミュレーションゲーム。 プレイヤーは、ドイツアフリカ軍団の「砂漠の狐」と呼ばれたエルヴィン・ロンメル将軍になり、イギリス軍のCPUと戦う。 各ユニットを動かしながら、…

続きを読むread more

キャプテン翼

1988年発売。原作の【中学生編】・【ジュニアユース編】をほぼそのままトレースした内容。 試合の前半後半の合間に自分の好きなキャラと会話出来たり、試合の合間に町を探索したりという初期のファミコンゲームならではの要素もあった。 この街を探索するのはアドベンチャーゲーム方式になっており、パリのエッフェル塔の下で岬…

続きを読むread more

ディープダンジョンⅢ 勇士への旅

ハードをROMカセットに移し、前作とは全く違う世界、全く違うシステムで登場した今作。 先ず特徴的なのがドラゴンクエストシリーズやファイナルファンタジーシリーズのように4人パーティで進められるということ。また魔法(呪文)という概念が加わった。 主人公(剣士)が死亡、もしくはパーティー全員が麻痺するとゲームオーバ…

続きを読むread more