"1988年発売ソフト⑧(10タイトル)"の記事一覧

1988年発売ソフト⑨(10タイトル)

8月26日 イース(ビクター音楽産業、2M+64KRAM、6,200円) 8月26日 スーパーダイナミックスバドミントン(バップ、512K、4,900円) 9月2日 ファミコン名人戦(SNK、2M+64KRAM、5,900円) 9月13日 マニアックマンション(ジャレコ、2M+64KRAM、5,500円) 9月1…

続きを読むread more

1988年発売ソフト⑧(10タイトル)

8月10日 ザ・マネーゲーム(ソフエル、1.25M、5,900円) 8月11日 水戸黄門II 世界漫遊記(サンソフト、2M、5,500円) 8月12日 ファミコンウォーズ(任天堂、1.5M+64KRAM、5,500円) 8月12日 ファイナルラップ(ナムコ、2M、5,200円) 8月12日 マッド・シティ(コナミ…

続きを読むread more

ファミコンウォーズ

『ファミコンウォーズ』 (Famicom Wars) は、任天堂とインテリジェントシステムズで開発・発売されたウォー・シミュレーションゲーム、及びシリーズの名称。 兵器生産、都市占領、敵兵力壊滅、敵拠点制圧を目的にするウォー・シミュレーションゲームである。 ユニットの種類と登場する勢力は少なく、成長の要素はない。乱数…

続きを読むread more

ドラゴンボール 大魔王復活

『ドラゴンボール 大魔王復活』(ドラゴンボール だいまおうふっかつ)は、ファミリーコンピュータ用のゲームソフト。1988年8月12日にバンダイから発売された。 『ドラゴンボール』のゲーム作品第2作目である。 アクションゲームだった前作から大きく内容を変えて「手持ちのカード」を利用した移動と戦いで成長するコンピュータRPG…

続きを読むread more

不如帰

『不如帰』(ほととぎす)は、1988年8月にアイレムから発売されたファミリーコンピュータ用シミュレーションゲーム。 開発はタムテックス。制作総指揮は岡野修身。音楽とプログラミングを除くすべての工程を一人で手がけた。 日本の戦国時代を題材にしている。 ゲーム開始時に戦国大名の中から自分のプレイする武将を選び、能力値を…

続きを読むread more