"1988年発売ソフト⑪(10タイトル)"の記事一覧

1988年発売ソフト⑪(10タイトル)

11月10日 東方見文録(ナツメ、2M、5,800円) 11月11日 西遊記ワールド(ジャレコ、1M+64KRAM、5,500円) 11月11日 ぎゅわんぶらあ自己中心派(アスミック、2M+128KRAM、5,900円) 11月11日 アメリカンフットボール タッチダウンフィーバー(ケイアミューズメントリース、1.25…

続きを読むread more

東方見文録

『東方見文録』(とうほうけんぶんろく)は、1988年11月10日にナツメから発売されたファミリーコンピュータ用ゲームソフト。ジャンルはアドベンチャーゲーム。

続きを読むread more

ファミリークイズ 4人はライバル

『ファミリークイズ 4人はライバル』は、1988年にアテナが発売したファミリーコンピュータ用のクイズゲームである。1〜4人で遊ぶことができる。 このゲームの根幹は「早押しクイズ」である。問題文が表示されたあと、選択肢が少しずつ表示されてくるので、「答えがわかった」と思ったときに、自分のボタンを押して解答権を得て、解答…

続きを読むread more

貝獣物語

『貝獣物語』(かいじゅうものがたり)は、1988年11月18日にナムコ(現・バンダイナムコゲームス)から発売されたファミリーコンピュータ用ロールプレイングゲームソフト。 価格5,500円(税抜き)。開発はバースデイ。後にハドソンより続編が発売されている。 ソフトにはロムカセットと説明書の他、主人公たち4人のキャラクターのフィ…

続きを読むread more

たけしの戦国風雲児

『たけしの戦国風雲児』(たけしのせんごくふううんじ)は、1988年11月25日にタイトーから発売されたファミリーコンピュータ用テレビゲームである。このゲームはビートたけしが携わったとされている。 沖縄を除く戦国時代の日本を舞台にしたボードゲームである。サイコロを振ってさまざまなところに行くというものである。 単にすご…

続きを読むread more