"1988年発売ソフト⑫(10タイトル)"の記事一覧

1988年発売ソフト⑫(10タイトル)

11月29日 中国占星術(ジャレコ、1M+64KRAM、5,900円) 12月2日 エイリアンシンドローム(サンソフト、2M、5,500円) 12月2日 突然!マッチョマン(ビック東海、1M+64KRAM、5,500円) 12月2日 桃太郎電鉄(ハドソン、2M、5,800円) 12月2日 半熟英雄(スクウェア、1…

続きを読むread more

突然! マッチョマン

『突然! マッチョマン』(とつぜん - )は、ビック東海により1988年に発売されたファミコン用横スクロール型アクションゲームである。制作はエイコム。 飛行機が墜落し、謎の島に辿り着いた科学者ジャクソンが、銃を手にモンスターを倒しながら脱出するというストーリー。 島のモンスターは飛行機から持ち去った新薬の『マッチョマ…

続きを読むread more

桃太郎電鉄

『桃太郎電鉄』(ももたろうでんてつ)は、1988年12月2日にハドソンから発売された、ファミリーコンピュータ用ボードゲームソフトである。 桃太郎電鉄シリーズの第1作、また桃太郎シリーズの第2作で、タイトルは桃太郎シリーズの初回作『桃太郎伝説』のセルフパロディ。 略称は、頭文字で省略した場合前作の略称「桃伝」(ももでん…

続きを読むread more

半熟英雄

『半熟英雄』(はんじゅくヒーロー)は、第1作が1988年にスクウェア(現スクウェア・エニックス)で発売された、リアルタイムシミュレーションロールプレイングゲーム(公式ではないが、リアルタイムストラテジーにも該当する)の作品であり、またシリーズの総称である。 1988年、ファミリーコンピュータ用ソフトとして第1作が発売。 家庭…

続きを読むread more

キングオブキングス

『キングオブキングス』は、ナムコが1988年12月9日に発売したファミリーコンピュータ用のゲームソフト。最大4人での同時プレイが可能なシミュレーションゲーム。 開発は女神転生のアトラスで、キャラクターイラストは金子一馬が担当している。ソフトに特殊音源チップ(N106音源チップ)を搭載しており、ファミコンらしからぬ高音質のB…

続きを読むread more

ゴジラ

ゴジラ(ファミリーコンピュータ)1988年12月9日発売 ゴジラとモスラを操作し、ゴジラ怪獣だけでなく、モゲラやゲゾラなどの東宝映画の怪獣を倒していくアクションゲーム。 ストーリーは地球侵略を目論見るX星人の基地が木星で発見され、地球政府がゴジラとモスラを送り込むというもの。 ゲームは大きく分けて移動パートと…

続きを読むread more

忍者龍剣伝

『忍者龍剣伝』(にんじゃりゅうけんでん)はテクモが1988年に発売したアーケードゲームのアクションゲーム。 同年に発売したファミリーコンピュータのアクションゲームとその続編やアニメーションによる一連のシリーズ。 日本国外版のタイトル名は『NINJA GAIDEN』(『NINJA GAIDEN』で統一されているタイトル…

続きを読むread more