"1989年発売ソフト①(10タイトル)"の記事一覧

1989年発売ソフト①(10タイトル)

1月4日 がんばれゴエモン2(コナミ、2M、5,500円) 1月6日 スペースハリアー(タカラ、2M、5,500円) 1月6日 100万$キッド 幻の帝王編(ソフエル、2M+64KRAM、5,900円) 1月20日 西村京太郎ミステリー ブルートレイン殺人事件(アイレム、3M、6,500円) 1月20日 里見八犬…

続きを読むread more

がんばれゴエモン2

プレイヤーは義賊のゴエモンと忍者のエビス丸を操り、財宝が隠されていると言われるからくり城を目指す。 前作との最も大きな相違点は、2人同時プレイが可能になった点である。 また、前作は横スクロールのみであったが、今回は縦スクロールのマップも新たに登場。 ステージによってはボスも登場する。前作と比較してステージ内の施…

続きを読むread more

スペースハリアー

タカラより発売。アーケード版ではなくセガマークIII版をベースにしており、最終ボスに「HAYA-OH」が登場し、タイトル表示時とゲームオーバー時のオリジナルサウンドも移植されている。 全体的にキャラクターが小さく、一部のBGMやボスキャラクター・ハリアーのボイスがカットされているなどの変更点はあるものの、ファミコンのハード…

続きを読むread more

電撃ビッグバン!

『電撃ビッグバン!』(でんげきビッグバン)は1989年1月27日にビック東海から発売されたファミリーコンピュータ用のゲームソフト。ジャンルはアクションゲーム。 全部で43ルートあり、ルート選択で決める。なお、本部へ行くには、7つの幹部(中ボス)と戦わなくてはならない。 ルートは1面からスタート。その後、道選びでルートを選…

続きを読むread more

ゾイド2 ゼネバスの逆襲

ゾイド2 ゼネバスの逆襲(ぞいど2 ぜねばすのぎゃくしゅう)は東芝EMIによるファミリーコンピューター用ソフト。 前作『ゾイド 中央大陸の戦い』の続編にあたる。 共和国ゾイドを駆使し、襲い来る帝国ゾイドを倒しながら、与えられた指令をこなしていく。 ジャンルはRPGで、フィールド上で移動することによりランダムエンカウント…

続きを読むread more