"1989年発売ソフト⑦(10タイトル)"の記事一覧

1989年発売ソフト⑦(10タイトル)

7月18日 必殺道場破り(シグマ商事、2M+64KRAM、6,500円) 7月21日 天下一武士 ケルナグール(ナムコ、1.5M、4,900円) 7月21日 究極ハリキリスタジアム 平成元年版(タイトー、3M+64KRAM、6,800円) 7月21日 全米プロバスケット(ビック東海、2M、5,800円) 7月21…

続きを読むread more

天下一武士 ケルナグール

天下一武士 ケルナグール(てんかいちぶしケルナグール)は、1989年7月21日にナムコより発売されたファミリーコンピュータ用ゲーム。ゲームスタジオ・遠藤雅伸の作品。 中国拳法をテーマにしている。プログラマーは「とおますないと」こと内藤智。 ケルナグールという名前は『Beep』誌掲載の遠藤雅伸の言葉によれば、テレビアニメ『…

続きを読むread more

美味しんぼ 究極のメニュー三本勝負

美味しんぼ 究極のメニュー三本勝負(おいしんぼ きゅうきょくのメニューさんぼんしょうぶ)は1989年7月25日、新正工業より発売されたファミリーコンピュータ用アドベンチャーゲーム。 原作漫画『美味しんぼ』を元にした3本のシナリオからなっている。 ストーリー展開は原作とかけ離れている。警官に尋問される場目で「じゅもん」を選ぶときの…

続きを読むread more

MOTHER

『MOTHER』(マザー)は、任天堂が1989年7月27日に発売したゲームソフトである。 MOTHERシリーズの1作目。日本国内で任天堂から1989年にファミリーコンピュータ用ロールプレイングゲームソフトとして発売された。 開発はパックスソフトニカとエイプ。2003年に発売されたゲームボーイアドバンス用ソフト『MOTHER1…

続きを読むread more

新・燃えろ!!プロ野球

ジャレコから発売 プレイ画面が斜めという珍しい内容。球場が3種類に増え、イニングの合間にはセ・パ双方のフランチャイズ球場(11球場)のバックスクリーンが表示される。 クロスプレー時には画面一杯にズームアップ画面が表示される。半面、本塁打が出た時のビジュアルシーンは大幅に簡素化された(選手交代時のビジュアルシーンは無し)。

続きを読むread more

ファミスタ'89 開幕版

1989年7月28日発売。この年の前半に任天堂とナムコのライセンス契約更新が難航し最悪、決裂・撤退となる恐れが生じていたため契約期限内に駆け込みで発売された経緯がある。 そのため「開幕版」と銘打っているが新人選手や外国人選手のデータには実際の成績から乖離したものも見受けられた。 なお、本作より略称であった「ファミスタ…

続きを読むread more