"1990年発売ソフト⑩(10タイトル)"の記事一覧

1990年発売ソフト⑩(10タイトル)

8月31日 ダンジョンキッド(クエスト、1M+64KRAM、6,500円) 9月7日 宇宙警備隊(HAL研究所、2M、6,900円) 9月8日 SD戦国武将列伝 烈火のごとく天下を盗れ!(バンプレスト、2M+64KRAM、6,800円) 9月8日 ワールドボクシング(T.S.S.、2M、5,900円) 9月14日…

続きを読むread more

ダンジョンキッド

ダンジョンキッドは、株式会社クエストが1990年にファミコン向けに発売したゲームソフトで、3DダンジョンRPG作成ゲーム。後にRPGツクール等へ発展していくゲーム作成ソフトの元祖である。 ゲームをプレイするモードとエディットするモードがある。ゲーム本編は3人パーティ方式のダンジョンRPGであり、エディットモードではそのゲーム内容を…

続きを読むread more

宇宙警備隊

自機ラウンドウェーバーを操作し、ゲルンガーを倒すのが目的のパワーアップ型の縦スクロールシューティングゲーム。 全7面

続きを読むread more

SD戦国武将列伝 烈火のごとく天下を盗れ!

1990年9月8日にバンプレストが発売した日本の戦国時代をテーマとしたコンピュータシミュレーションゲーム。 ナムコの独眼竜政宗のようなシンプルなゲームを全国版にしたようなゲームであるが、序盤は、大変辛く、後半になると、全て最高値に達するため、(全土地、石高255万石、治水、都市、兵忠、民忠などすべて100が最高、兵がそれぞれ200…

続きを読むread more

ドラえもん ギガゾンビの逆襲

『ドラえもん ギガゾンビの逆襲は、1990年9月14日にエポック社が発売したファミリーコンピュータ(ファミコン)専用のロールプレイングゲームソフト。 エポック社としては初の、他社製コンピュータゲーム機における『ドラえもん』を題材としたキャラクターゲーム作品であり、これ以降、同社は多くのドラえもんのコンピュータゲームを製作している。…

続きを読むread more

維新の嵐

『維新の嵐』は、1988年に光栄(現・コーエー)からPC-9801版が発売されたパソコン用ゲームである。 光栄がシミュレーションゲームとロールプレイングゲームを融合させたような新たなゲームジャンルとした「リコエイションゲーム」のシリーズ第1作。 プレイヤーは幕末に実在した人物の一人となって日本全国の思想的統一を果たし、自分の思想…

続きを読むread more

インセクターX

1989年にタイトーからリリースされたゲーム。 昆虫をモチーフとした敵を倒していくサイドビューのシューティングゲームである。

続きを読むread more