"1990年発売ソフト⑮(10タイトル)"の記事一覧

1990年発売ソフト⑮(10タイトル)

12月14日 まじかるキッズどろぴー(ビック東海、2M、6,000円) 12月14日 暴れん坊天狗(メルダック、2M、6,500円) 12月14日 忍者クルセイダーズ 龍牙(サミー、1M+64KRAM、5,500円) 12月15日 必殺仕事人(バンプレスト、3M+64KRAM、7,600円) 12月19日 ジャン…

続きを読むread more

まじかるキッズどろぴー

『まじかるキッズどろぴー』(MAGICAL DOROPIE)は、1990年12月14日にビック東海から発売されたファミリーコンピュータ用アクションゲーム。 携帯電話アプリゲームとして移植もされている。 突如現れたロボット軍団「悪玉帝国」から世界を救うため、少年「カゲマル」に召喚された魔女「どろぴー」。 プレイヤーはどろぴーを…

続きを読むread more

暴れん坊天狗

『暴れん坊天狗』(あばれんぼうてんぐ)は1990年12月14日に日本で発売されたファミリーコンピュータ用の横スクロ-ル型シューティングゲーム。 邪悪な生命体の攻撃によって滅亡の危機に瀕したアメリカ合衆国を日本から飛来した天狗の面が救う…… という奇想天外なコンセプトの元、アメリカの都市を破壊しまくったり邪悪な生命体の手によって改…

続きを読むread more

必殺仕事人

ファミコンソフト必殺仕事人は1990年12月15日にパンプレストが発売したアドベンチャーゲーム。 内容はアドベンチャーゲームだけど、コマンド選択だけで進めていく感じではなく、見下ろし型のフィールド画面を移動しながら謎をいていって、話を進めていくってなゲームかな・・ ゲームは全4章。すべての謎を解けるかな・・

続きを読むread more

ジャンピン・キッド ジャックと豆の木ものがたり

ジャンピン・キッド ジャックと豆の木ものがたりはファミコンゲームソフトで1990年12月19日にアスミックが発売したアクションゲーム。 グリム童話『ジャックと豆の木』をもとにしたアクションゲーム。 主人公のジャックを操作し、頂上を目指してひたすら上へ登っていきます。 各ステージ最後に待ち構えるボスを倒せばボーナスステージにいき…

続きを読むread more

バトルスタジアム 選抜プロ野球

バトルスタジアム 選抜プロ野球はファミコンゲームソフトで1990年12月20日にアイジーエスが発売した野球ゲーム。 試合を繰り返し選手が経験値を得て成長していく、RPG的な野球ゲーム。

続きを読むread more

ファミスタ'91

ファミスタ'91は1990年12月21日にナムコが発売した野球ゲーム。 前作のリーグ戦が廃止され、'89以前と同じ、パスワードによる総当たり勝ち抜き方式が復活。 ホームラン競争モードが追加される。 選手パラメータに守備力・肩の強さが追加される。また、投手の体力(スタミナ)の変動が投球数から打者数に変更され従来よりも完投しやすくなっ…

続きを読むread more

剣の達人・ソードマスター

剣の達人・ソードマスターは1990年12月21日にアテナが発売したアクションゲーム。 ちょっと変わった感じの横スクロールアクション。 プレイヤーの向きは常に右側固定で、ボス敵との1対1の戦いがメインになってます。 ボスはスケルトン、トロル、騎士、魔法使い、ドラゴンなど、どれもファンタジーではおなじみのモンスター。 これらの敵…

続きを読むread more

地獄・極楽丸

「地獄・極楽丸」はファミコンゲームソフトで1990年12月21日にパックインビデオが発売したアクションゲーム。 ステージは全5つで構成されていて、主人公の攻撃方法は赤長の髪を振り回して攻撃するという個性的なキャラで戦う。 少し忍者龍剣伝に似てると思うが気のせいか・・。

続きを読むread more

ゾイド黙示録

ゾイド黙示録は、1990年12月21日に発売されたファミリーコンピュータ用ゲームソフトで、トミー(現:タカラトミー)のゾイドを題材にしたシミュレーションゲーム。 プレイヤーは共和国軍と暗黒軍(ガイロス帝国)のどちらかの司令官を選び、ゲームマップ上のゾイド達を動かしていく。敵旗艦機を倒せば勝利。スタート時に設定で、”リアル”と”コウ…

続きを読むread more